生の変容〜まてぃ (体験談)

ardサガプリヤとの思い出

私とサガプリヤとの出会いは1987年の東京でのワークショップの時ですので、かれこれ20年以上前になります。その頃、地方でOLをしていた私は、やっとの事でOSHOセンターの電話番号を見つけ、無心で電話していました。『サガプリヤという、すばらしいセラピストが来ているから、ぜひ受けたらいいですよ。』と言われ、夜行に乗って東京に降り立ちました。

その時グループの中で『彼女の今のエネルギーは、やって見ようというエネルギーで赤です。』と言われたのを覚えています。今でこそエネルギーを色で表わすことは普通ですが、その時は何のことか、さっぱり分かりませんでした。でも何だか納得したコメントでした。

その後、インドのプーナにて「日本人のためのマキシセッション」を受け、ますますサガプリヤへの信頼を深めました。マインドは理解できないけど、なぜか涙がでてくる。ハートは彼女の言葉を理解し、存在に染み込んでいくという感覚を何度も味わいました。今でも、その言葉がふとした拍子に浮かんできます。あたかも彼女との出会いに よって、瞑想の種が植えつけられ、育ち続けているように。 

(注)「日本人のためのマキシセッション」とは4人一組で行なわれるセッションで、ひとりづつが自分の問題を話し、サガプリヤがそれぞれのエナジーリーディングの後で答えていくと言う形式です。繋がっている日本人だから可能なワークだと評判になりました。

彼女に会った人達は、その目が忘れられないと言います。その人の存在を見透しているようなシャープさと泉のように湧き出る無条件の慈悲を感じるのでしょうか?

私もそれからサガプリヤの追っかけが始まり、グループ・トレーニングに参加し今となっては、オーガナイズをしています。そしてセッションやトレーニングをすることは、彼女への感謝であり、無償の喜びなのです。

詳しくは以下に続く「生の変容〜まてぃ 1〜4」の体験談をご覧ください。

a65fa7a6

ard生の変容〜まてぃ 1〜4

生の変容 〜 まてぃ 1
サガプリヤのワーク「サイキックマッサージ」と「スターサファイヤ」のエッセンスを理解してほしく、自らの体験を気のむくままに綴っていきたいと思います。

生の変容 〜 まてぃ 2
この頃「日本人のためのスターサフャイヤ」その後「日本人のためのスターサファイヤ」というトレーニング Part1&2を受けました。インターナショナルであるインドにあるセンターで「日本人のため」というプログラム内容があった事は、サガプリヤのワークの質がいかに日本人にフィットしたものかを物語っています。

生の変容 〜 まてぃ 3
こちらは内なる女性性・内なる男性性へと入っていきます。インドで行われたサイキックマッサージ・トレーニングの前後に書きました。サイキックマッサージと瞑想の本質である生に「Yes」ということ。。。瞬間に起こっていることに「Yes」ということが、自分自身を受け入れることであることに戻されました。「YES to the life」

生の変容 〜 まてぃ 4
生の変容シリーズ、いよいよ最終章です。

a65fa7a6