サガプリヤから、OSHOへ質問

サガプリヤ: セラピストという役割を果すことは、私自身の精神的な成長にとって危険なのでしょうか?人々を助け、しかも同時に、私自身のエゴを溶かし去ることは可能でしょうか?

私はハッキリとしている部分と、明晰さとは無関係でいたがっているもう一方の部分との間の、微妙な戦いが内側で続いているのを感じます。

あなたのガイダンスのもと、私は自分の見る能力を使う時、他者を支配せずにいることを学びました。でも依然として私は、私自身を支配しているのでしょうか?

a65fa7a6

OSHO: サガプリヤ、セラピストの役割は非常に微妙で、複雑なものだ。まずセラピスト自身が、助けようとしている相手と同じ問題で苦しんでいる。セラピストは、技術を使っている者にすぎない。彼は自分がマスターだ、と自分自身をごまかし、その振りをすることも出来る。これは、セラピストとしての最大の危険だ。だがほんの少しの理解で、ものごとは変わってくる。

まず「他の人々を助ける」という見地から考えないことだ。それがあなたに、救世主である、マスターであるという考えを与える。するとエゴが裏口から再び入り込んで来る。あなたが重要になる。あなたは、グループの中心だ。誰もがあなたを尊敬している。

「助ける」という考えを落としなさい。「助ける」の代わりに「分かち合う」という言葉を使いなさい。あなたは、何であれあなたの持っている洞察を分かち合う。参加者は、あなたより劣っている誰かではない。セラピストもセラピーを受ける者も、両者とも同じ舟に乗っている。セラピストはほんの少し知識があるにすぎない。あなたの知識は借物だという事実に覚めていなさい。あなたが知っていることは何であれ、それがまだあなたの体験ではないことを、一瞬たりとも忘れてはいけない。そしてこれが、あなたのグループに参加している人々を助けることになる。

人間は、非常に微妙なメカニズムだ。それは、両方に働きかける。セラピストはマスターになり始める。そして、助けるよりもむしろ参加者の何かを破壊している。なぜなら、参加者も技巧のみを学ぶことになるからだ。愛に溢れること、分かち合われる友情、信頼の雰囲気はなくなる。そのかわり、「あなたはより多くを知っている。私は少ししか知らない。いくつかセラピー・グループに参加することで、私もあなたと同じくらい多くを知るだろう」

参加者自身が、徐々にセラピストになり始める。ほとんどの国で、何の学位も要求されていないからだ。ごく少数の国が、受け容れることの出来ないあらゆる種類のセラピーを禁止し始めた・・治療学、精神分析、精神療法の分野の、大学の資格を得た者のみが、セラピー・グループで人々を助けることが出来る。

これは、世界中のほとんどあらゆる国で起こることになるだろう。セラピーが、ビジネスになってしまったからだ。そして資格のない者がそれを牛耳っている。彼らはテクニックは知っている。テクニックなら学ぶことが出来るからだ。いくつかグループに参加することで、彼らはあらゆるテクニックを知る。その上に、自分自身ででっちあげも作ることが出来る。だが、統括する術はない・・

a65fa7a6

だが、覚えておきなさい・・あなたが「助ける者」を演じる時、「助けられる者」は決してあなたを許しはしない。あなたは、彼のプライドを傷つけた。あなたは、彼のエゴを傷つけた。あなたは、そんなつもりではなかった。あなたは、ただ自分自身のエゴを膨らませたかっただけだ。だがこれは、あなたが他人のエゴを傷つける時にしか起こり得ない。あなたは、他者を傷つけることなしには、自分のエゴをふくらませることは出来ないのだ。あなたのより大きなエゴには、より大きなスペースが必要になる。そして、他者は、あなたとともに在るために、自分のスペースを、自分の人格を縮めなければならない。

まさに最初から、真摯な愛情深い人が・・そして、私は、愛に勝る治療はないことを絶対的に必要なポイントとする。技巧は助けることが出来る。だが、真の奇跡は愛を通して起こる。セラピーに加わっている人々を愛しなさい。そして、彼らの中の一員でいなさい。より高いとか、より神聖だという気取りなしに。

まさに最初から、明確にしなさい。「これは、私が学んだテクニックだ。私の体験はほんの少しだ。私はあなたにテクニックを与える。そして、私の体験を分かち合う。だが、あなたは私の弟子ではない。あなたはただ、まさかの時の友だ。私にはいくらかの理解はある。そんなに多くではないが。私はそれをあなたと分かち合うことが出来る。」おそらく多くの者が、様々な分野、様々な方向からの彼ら独自の理解を持っている。彼らもまた、自らの体験を分かち合い、グループを豊かにすることが出来る。

言葉を換えて言えば、私が言っていることは、セラピーのまったく新しい概念だ。セラピストはたんにコーディネーターに過ぎない。ただグループをより静けさに満ち、穏やかにしようと試みる。彼は、何も間違った方向に行かないよう目を見張る。マスターというより、むしろ保護者だ。

a65fa7a6

そしてあなたもまた、明確にしておかなければならない。「私もまた、自分の体験を分かち合おうとする中で学んでいる。あなたの話に耳を傾ける時、それはあなただけの問題ではない。私の問題でもある。そして私が何か言う時、私はそれを言っているだけではなく、聞いてもいる」と。

あなたが特別な誰かではないことを、強く明確にしなさい。これはグループの始めになされなければならない。そして、グループがより深く探求していく中でも、それを続けなければならない。あなたは、ただ数歩だけ先を行っている年長者であるにとどまる。さもなければ、あなたは人々を助けることは出来ない。彼らはテクニックを学ぶだろう。そして、自らセラピストになっていくだろう。それに、愚か者は充分にいる。地球上には50億の馬鹿者が・・彼らは、彼ら自身の追従者を見い出すだろう。

人々が自分を尊敬し始めると、「人々が私を尊敬しているのなら、私には何か偉大なものがあるに違いない」と考え始めるのは、人間の弱さだ。人々は悩んでいる。彼らは、人間の脆さゆえに苦しんでいる。だが、あなたも人間だ。そして、間違いを犯すことは、まったく人間的なことだ。どんな非難もなしに、大いなる愛を持って、彼らが自分自身を開くのを助けるがいい・・それは、あなたが自分自身を開いてのみ可能だ。

私は、奇妙な事実に出くわしたことがある。見知らぬ者同士は、自分が知っている相手には決して言えないようなことを語り合う。列車の中で、あなたは誰かに会う。あなたは、相手の名前を知らない。その人がどこへ行くのか、どこから来ているのか知らない。すると、人々は分かち合い始める。私は国中を20年間休むことなく旅し、人々が自分たちの秘密を見知らぬ相手に打ち明ける奇妙な現象を見てきた。なぜなら見知らぬ人間は、それを食い物にはしないからだ。次の駅が来ると、見知らぬ相手はいなくなる。おそらく2度と会うことはあるまい。それに彼は、あなたの評判や何かを落とすような関係にはない。

それどころか、あなたがあなたの秘密を、あなたの弱さを、あなたの脆さを分かち合うことで、相手はより自信を持ち、あなたに対してより多くの愛情を、信頼を寄せるようになる。あなたの信頼が、あなたに対する彼らの信頼を呼び起こす。あなたがあまりに無垢で、あまりに開いているのを見、彼らは開き始める。それは連鎖反応だ。

だが、あなたがマスターになってしまったら・・このコミューンから、幾人かの愚かなセラピストがマスターになった。彼らは、彼ら自身の実存について何ひとつ知らない。彼らは、存在の神秘について何ひとつ知らない。彼らが知っているすべては、ある特定のマインド・ゲームだけだ。もし、あなたが行き着いた人のガイダンスのもとに究極的にいるのなら、そのマインド・ゲームも助けになり得る。セラピー・グループは、確かにほんの少し混乱をなくし、ほんの少し明晰さを創ることが出来る。

a65fa7a6

だが、セラピー・グループは最後ではない。それは、ほんの始まりにすぎない。それは瞑想のための準備だ。瞑想が光明を得ることへの準備であるように。

あなたが、ものごとの単純な算術を理解すれば、それを難しいと思うこともないだろう。そして、あなたはもっとグループを楽しむ。グループはあなたと共に、より深く行くことが出来るからだ。あなたは、グループの教師であるだけでなく、学ぶ者でもある。

カリール・ジブランの「預言者」、アル・ムスタファは、素晴らしい言葉を残している。誰かが「学ぶことについて何かおっしゃってください」と尋ねた時、彼は言った。「あなたが尋ねたから、私は話そう。だが、覚えておくように。私は話している。そして、私もまた、あなた方と共に聞いているのだ」

私はここポディウムの上にいる。そして私は、あなた方の中に坐ってもいる。私は、まったく特別ではない。それが、人々を近くに引き寄せる。特別だと自慢することは、隔たりを生む。エゴの充足は、愛の雰囲気を破壊する。そして、私はもう一度繰り返す。愛よりも偉大なセラピーは存在しない。

あなたのグループの参加者になった人々を愛しなさい。あるべき姿としてではなく、あるがままの彼らを愛すのだ。彼らは生涯にわたって、あらゆる類の宗教、政治、神学、哲学の指導者に苦しめられて来た。指導者たちは、人々が従えば愛する、人々が自分たちの考えに沿ったイメージになれば愛する、そういった者たちだ。彼らは、あなたを完璧に殺し、粉々にし、自分たちの考えに従ってあなたを組み立てた時にのみ、あなたを愛する。

すべての宗教が人類に対してそうして来た。無傷でいた者はいない。そして、この人々は自分たちが助けていると思っている。意識的に彼らは、あなた方に、理想、イデオロギー、規律、戒律を与えていた。あなた方を助けたいという、確固たる態度を持って。さもなければ、あなた方が道に迷うだろうと。彼らは、あなた方の自由を信頼することが出来ない。あなたの尊厳に敬意を払うことが出来ない。彼らは、あなた方をあまりにも貶めて来た。そして、誰ひとり反論さえしない。

a65fa7a6

私は、私の友人のひとり、優れた医者の言葉を思い出す。彼がまだ生きているかどうか、私は知らない。ここ6年間、彼のことを何も聞いていないからだ。彼は、私がボンベイへ、それからプーナへと移る前に住んでいた都市で、もっとも著名な医師だった。彼は私に言った。「私の全生涯の体験は、医者の役目は患者を治すことではないということなんだ。患者は、自分自身で治す。医者は、ただ愛に満ちた雰囲気、約束を与える。医者は、ただ自信、生き返ること、長く生きることへの熱望を与える。薬はみな二次的な助けだ」だが、もし人が生きる意欲を失ったら、彼の全生涯の体験では、どんな薬も何も助けにならないことになる。

セラピストの状況も同じだ。セラピストは、人々の心理的な問題を治す人ではない。彼らは、愛に満ちた雰囲気を創れるだけだ。その中で、彼らは自分たちの抑圧された無意識な空想、抑圧、妄想、欲望を、笑われるという恐怖なしに、みなが慈愛と愛情を感じてくれるという確信を持って開くことが出来る。グループ全体が、治癒的な状況として機能すべきだ。

セラピストは、単にコーディネーターにすぎない。セラピストは、心理的に病み、かき乱された人々を集め、ただ何も間違った方に行かないように見ている。そして、もしある考えで、ある洞察で、ある観察で、彼らを助けられるなら、あなたが体験を得ていない限り「これは私の体験ではなく、私の知識にすぎない」ことを常に明確にしなさい。

もしあなたが真摯で、真実で、正直で、真正なら、決してマスター、救世主になる罠に落ちない。落ちるのは非常にたやすい。あなたがマスターに、救世主になると・・あなたは、そうではないのだが・・こうした人々を助けてさえいない。あなたはただ、こうした人々を、彼らの弱さを、彼らのトラブルを食い物にしている。

世界中の精神分析のムーブメント全体は、起こっている事柄の中でもっとも搾取的な試みだ。誰も救われない。みな途方もなく搾取されている。誰も救われていない。なぜなら、精神分析医、精神治療家は・・心理学は、多くの派に分かれて来た。だが彼らはみな、同じ仕事をする。彼らは、あなたを患者に貶める。そして、彼らは医者だ。

そして問題は、彼ら自身が同じ病で苦しんでいることだ。精神分析医ひとりひとりが救いを求めて、年に2回は他の精神分析医のもとへ行く。これは偉大なる陰謀だ。あらゆる狂気に耳を貸していると、あなたがマインドとその問題を超えていないかぎり、あなた自身も気が狂っていく。あなたは、あなたの患者が苦しんでいるのと同じ問題で苦しみ始める。彼らを治すよりむしろ、彼らがあなたを病気にしている。だが、責任はあなたにある。

a65fa7a6

愛を、開かれた感覚を、誠実さを持ち込みなさい・・彼らがハートの扉を開き始める前の・・彼らはあまりに堅く閉ざしているので、誰も自分の問題が分かっていない・・精神療法家の最初の役目は、自らのハートを開き、自分も同じ人間であることを彼らに知らせることだ。同じ弱さに、同じ性欲に、同じ権力への欲望に、同じ金銭への欲望に悩んでいる。苦悩と不安に悩んでいる、死の恐怖に悩んでいる。

あなたのハートを余すところなく開きなさい。それが、他者があなたを信頼する助けとなる・・あなたが何かに成りすましているのではないと。救世主、預言者、メッセンジャー、ティータンカラ、アバタラは、完全に姿を消した。今日では、彼らの誰も受け入れられないだろう。今度もし彼らのうちの誰かが再び現れても、人々は石を投げて殺すことさえしないだろう。人々は彼らを笑い者にするだろう。彼らはただこう言うだろう「あなたは馬鹿だ。自分が人類全体を救えるという考え自体が、狂気の沙汰だ。まず、あなた自身を救うことだ。そうすれば、私たちはあなたの光を見るだろう。そしてあなたの壮大さを、光輝を見るだろう」

信頼はひとりでにやって来る。それは要求されるものではない。それはちょうど、山からの新鮮なそよ風、大海からの高波のようにやって来る。そのためにあなたがしなければならないことは、ただ正しい時に、正しい場で開いていなければならない。あなた以外の誰も、あなたを救うことは出来ない。私はあなた方に言う、あなた自身の救世主になりなさい。

だが、助けは条件つきで可能だ。それが愛と共にやって来ることだ。「あなたは私を信頼し、あなたのハートを開いてくれた」という感謝と共にやって来ることだ。

セラピストの役割は、サガプリア、確かに非常に複雑だ・・しかも、愚か者たちがそれをやっている!状況は、まるで肉屋が外科手術をしているようなものだ。彼らは切り方は知っている。だが、それで彼らが脳外科医になれる訳ではない。彼らは水牛、牛、あらゆる類の動物を殺せる。だが、彼らの役割は死に貢献するものだ。セラピストは生に貢献する。セラピストは、自分自身を生きることで、ハートの静けさに向かうことで、生への肯定的な価値を創らなければならない。

あなた自身の中に深く在れば在るほど、あなたは他者のハートの中により深く行き着くことが出来る。それはまったく同じことだ・・あなたのハートも他者のハートも、それほど違うものではないからだ。もし、あなたがあなたの実存を理解すれば、誰もの実存を理解する。そしてその時、あなたは自分もまた愚かだったこと、幾度も堕落したこと、自分自身に反して、他者に反して罪を犯して来たことを理解する。もし、他の人がまだそうしているとしても、非難する必要はない。彼らは気づかされなければならない。そして、彼ら自身に任されるべきだ。彼らを特定の枠の中にはめようとしてはならない。

そうなったら、それがセラピストで在る喜びだ。なぜなら、あなたは人間の内面を知るに至ったからだ。生のもっとも秘められ、隠された場所のひとつを。そして他者を知ることで、さらにあなたはあなた自身を知る。これは悪循環だ。他に言葉がない。さもなければ、私は「悪」という言葉は使わない。

私が言葉を作るのを許して欲しい。これは「徳循環」だ。あなたはあなたの患者に、参加者に開く。すると、彼らは彼ら自身をあなたに開く。それは、あなたがさらに開くのを助ける。そしてそれは、彼らがさらに開くのを助ける。すぐに、セラピストはいなくなる。患者はいなくなる。ただ、愛に満ちたグループが互いを助けている。セラピストがグループの中に消え去らない限り、彼は成功したセラピストではない。それが私の基準だ。

a65fa7a6

サガプリア、あなたは言っている。「あなたのガイダンスのもと、私は私の見る能力を使う時、他者を支配しないことを学びました。でも、依然として、私は私自身を支配しているのでしょうか?」

それらはふたつのことではない。支配は支配だ。あなたが他者を支配しようと、あなた自身を支配しようと・・。もし、あなたがあなた自身を支配しているのなら、その時は、ある微妙なやり方で、あなたは他者をも支配することになる。そうならざるを得ない。

あなたが落とさなければならない最初の支配は、他者に向けてのものではない・・彼らがあなたの支配を受け容れるかどうか、それは確かではないからだ。あなたが落とさなければならない最初の支配は、あなた自身へのものだ。なぜあなた自身囚人になり、大変な努力をして自分自身の周りに牢獄を築き、自分が行くところどこにでも、それを持ち運んでいくのかね?

まず自由の、広大な空に翼を広げる鳥の歓喜を学びなさい。あなたの自由そのものが、他者のための変容の力となる。支配はあまりにも醜い。それは、何の羞恥心もない政治家に任せておきなさい。・・・・彼らは、ただ虚ろに感じる自分の内側を満たすために、さらに多くの権力を手にしようとしている。

外から見れば、内側は空っぽだ。内側から見れば、全世界は空っぽだ。
唯一、あなたの内側だけが溢れている。だが、溢れているものは不可視だ。あなたの実存の香り、愛、至福、法悦、沈黙、慈愛・・何ひとつ目で見ることは出来ない。それ故にあなたが外側から見ても、すべてが空っぽに思えるのだ。すると、強い衝動が起こる。いかにして、それを満たすか?金銭で、権力で、地位で、大統領に、首相になることで・・?何かをして、それを満たすのだ! 人は内側の空っぽ、内側の空虚と共に生きることが出来ない。

だがこうした人々は、内側に入ったことがない。彼らは外側から覗いただけだ。これが問題だ。外側からは、あなたは物質を見ることが出来るだけだ。愛は物ではない。至福は物ではない。光明を得ることは物ではない。理解は物ではない。知恵は物ではない。それはみな、人間の存在における偉大さだ。生は主観的だ、客観物ではない。だが外側からは、物が見えるだけだ。

それは、どんなゴミでも自分の虚ろな内側を満たそうとする、途方もない緊急性を与える。借り物の知識でそれをいっぱいにしている人々がいる。自ら好んで自分を痛めつける、それをいっぱいにしている人々がいる・・彼らは聖人になる。首相になるために、大統領になる為に乞食でいる人々がいる。あらゆるところで、空虚な人々が他者を支配せずにはいられないという必要にかられている。それが彼らに、自分たちは空っぽではないという感覚を与える。
サニヤシンは、自分の主観の中に、内側から分け入ることから始める。そして、途方もない宝、尽きることのない宝に気づくようになる。そうしてのみ、あなたはあなた自身を支配することをやめる。そんな必要はまったくない。その瞬間から、あなたの努力のすべては、個人として在ることを、自由を、至福、充足、平和の途方もない、尽きることのない源泉をみなに気づかせることになる。

私にとって、セラピーが瞑想のための土壌を整えるのであれば、セラピーは正しく起こっている・・患者のための土壌、そして、セラピストのための土壌、両方を。セラピーは、あるポイントで瞑想へと向かわなければならない。瞑想は、あるポイントで光明を得ることへと向かう。こんなにも途方もない潜在性を持ちながら、ただ乞食のままでいるとは・・

私は、他の人のことを考えると、ときおりとても悲しく感じる。彼らは乞食ではない。だが乞食のようにふるまっている。そして、物乞いを落とす用意がない。物乞いこそ、自分たちが得たすべてなのだと恐れているからだ。物乞いを落とさない限り、彼らは自由が皇帝だということを、自分の帝国が内側にあることを決して知ることはないだろう。

a65fa7a6

サガプリア、あなたは人々を支配するのをやめているにしても、自分自身を支配し始めているのではないかと疑っている。これでは何も変わっていない。あなたはメッセージ全体を誤解した。

間違いを犯すこと、誤解することは人間的なことだ。だが、彼女は知性的な女性だ。セラピーの新しい考えを上手く扱うことが出来る。彼女はセラピーの先駆者になることが出来る。だがあらゆるところに、あまりにも多くの愚か者がいる。あなたが何か愚かなことを始めれば、追従者がついて来るのを目にすることになる。

・・サガプリア、あなた自身を可能な限り深く理解しようとしてごらん。セラピーは二の次だ。あなたが瞑想と沈黙を通して、自分の実存を精錬しない限り・・私は、ワークをやめなさいとは言っていない。私は、その質を変容しなさい、と言っているのだ。それを真のワークにしなさい。あなたのハートを開きなさい。彼らにあなたの弱さを語るのだ。彼らにあなたの問題を話すのだ。彼らの助言を求めなさい。彼らはあなたを助けられるだろうか?ひとたび参加者が、セラピストはエゴイストではないことを理解すれば、彼らは絶対的な謙虚さと、開いたハートと共にやって来る。そうすれば、あなたは彼らを助けることが出来る。

だが常に、いつでも覚えておきなさい・・セラピーそれ自体では、不完全だ。完璧なセラピーでさえ、最初のステップにすぎない。第2のステップがなければ、それは無意味だ。

だから、患者が瞑想に向けて動き始めた時点で、彼らに任せなさい。あなたの患者が瞑想への探究を始めた時、初めてあなたのセラピーは完了する。彼らのハートの中に、瞑想への大いなる憧れを創り出しなさい。そして瞑想もまた、ただのステップ、第2のステップにすぎないことを彼らに伝えなさい。光明を得ることへとあなたを導かない限り、それ自体もまた充分ではない。これが、努力全体の頂点だ。そして、私はあなたを信頼している、あなたにその能力があることを。

セラピーの限界は瞑想が始まる地点、そして、瞑想の限界は光明が始まる地点だということをポイントにしなさい。もちろん、光明を得ることは何かへのステップではない。あなたはただ、宇宙の意識の中へ消え去る。あなたは、蓮の葉から大海へとすべり落ちるしずくになる。だが、それはもっとも偉大な体験だ。それは、最終的に生を意味あるものに、意義あるものにする。あなたのエゴがあなたから切り離していた宇宙、その一部にあなたがなることを許す。そして、それは非常にたやすい。この沈黙と同じほどたやすい。誰も、何千もの人がここに坐っているとは考えられない。

あなたはただ、正しい方向に動かなければならない。正しい方向の感覚、そして、すべてが意識のより高い状態への踏み石になり得る。私は、あらゆることを使って来た。が、方向は同じだ。私は多くの種類の瞑想を用いてきた。外見は違って見える。112の瞑想法がある。それらはひとつひとつ非常に違って見える。あなたは考えるだろう、どうやってこの異なった手法がみな瞑想へと導いていけるのかと。だが、それは導く。さながら、花輪を貫いて通っている糸が見えないように。あなたは花しか見ない。これら100と12の花は、糸で繋がれている。その糸は、目撃すること、目を見張っていること、観照、覚醒だ。

患者が自分の問題を理解するように、出来るだけ助けなさい。だが、そうした問題を解決したとしても、同じ人間のままだということを彼らに明確にしなさい。明日、あなたはまた同じ問題を作り始める。おそらく違うやり方で、違う色合いをつけて。

そう、あなたのセラピーは、瞑想へのオープニング以外の何ものでもあるべきではない。そのとき、あなたのセラピーは途方もない価値を持つ。さもなければ、それは単なるマインド・ゲームだ。

a65fa7a6

OSHO:The Great Pilgrimage:From Here to Here (1987)より
翻訳協力:mudito